忍者ブログ

Close your love ... You loved me with your lie and vice. I can't erase my memory.

2020.03┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
HOMEMiscellany - 雑記の記事
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

他人のblogの記事を元にネタを作るのが好きな夕菜ですこんばんわ。なんだかトラックバックが私のところばかりなので今回はやめますねっ



さて、サイトのアクセスアップ。この場合、blogに限定してるので、私もそれに準拠して考えてみようと思う。

ところで……私は有名人に当てはまるのでしょうか。当初はここで内容がどうとか、更新がどうとか書こうとしたのですが、気になって調べてみると驚愕の事実。

未だに、「ゆなりずむ」よりも「Note of bibliphile」のがアクセス数は多かった。

メインとなっているこちらは、無名(?)の片桐夕菜名義。対してNoteは、某所で有名となった佐倉ゆかり名義。既にほとんど更新を止めているにも関わらず、Noteのが数倍アクセス数は多いようです。この1週間だけ見ても2倍は違います。

これは、どう捉えればいいんでしょうか。困った。

更新頻度を有名さが上回る、という事でしょうか。まあ実際問題として、いくら更新してもそれはリピーターの確保であって、新規閲覧者を増やす役割には一切貢献しないのもまた事実であります。だからこそ宣伝行為というのが必要になり、それを過剰にする人が嫌われるわけですね。


正直、このblogのアクセス数を増やす方法は簡単なんですよ。Noteの方にここへの誘導を貼り付ければいいわけですから(笑

>ネームバリューとかあってもしかたないしむしろないほうがいいよね、うん。

引用させてもらうけれど、善悪大小の差はあれど基本はネームバリューだと思う。本当に無名のサイトやblogは誰からも見られないわけで、見られない中で工夫を凝らしたところで何も成果がないわけです。そういった意味で、ネームバリューをもっとも活用(?)していたのがbibliophileでした(blogじゃなくて殴りプリサイトの方ね)。


結論。

アクセスアップを狙いたければ、ひとまず名前を売ろう。
PR
ゆきから指摘のあった部分。結論から言うと、ミスでも何でもなく意図的な表現です。

writはwriteの過去分詞系の昔の形であるという事。また聖書をholy writと呼ぶ事から判るように、writeよりも、より"記されたもの"という意味が強いのでwritを採用しています。単純に、誰かに書かれたという意味ではなく、それがコメントであっても1つの意味を持つ文章として扱いたい、という想いからです。

writ自身には書き物等の意味もあります。
サイト整理しようかなぁ、とか。ぼんやり考えてました。種別ごとにサイト作ってたけどやっぱり更新が必ずどれか滞りがちだし。ごちゃ混ぜで作るのは本来好きじゃないんだけれど、逆に異なるゲームへの架け橋になれればいいかなぁ、とかも。

うーん。でもなんだか混沌としそう。とりあえずはスタイルシート作ってから情報移植かなぁ。何か良い方法はないかな。

すべて別サイトのままで管理して、cssを含めたデザインをすべて統一し、シームレスに統合するのがいいんだろうか。難しいな。すべてに於いて大改造になるんだけど、Source of Runeを基本デザインにしてデザイン変更、何らかの方法で3つを繋ぐ骨格を作ればいいのかな。


とか書いてるうちに、アイデアまとまってきたので近いうちに仕上げます。

名前は決まってるんだけどね。


ひどす。

だったらそれ相応の扱いを…ってわけじゃないですが、今更連呼しなくてもっ。



ただちょっと御無沙汰なだけ。だけ?
ふと、自分のblogの記事数をまとめてみた。

2005年9月:63件
2005年10月:73件
2005年11月:62件
2005年12月:61件
2006年1月:81件
2006年2月:71件
2006年3月:62件
2006年4月:74件
2006年5月:62件
2006年6月:51件
2006年7月:49件
2006年8月:45件
2006年9月:35件
2006年10月:41件
2006年11月:26件

こう見ると、最近気が抜けてる気がします。記事が多ければ偉いわけじゃないし、多いから楽しんでもらえてるというわけではないけれど、私の中で最低ラインだった30件を下回った先月は一体どういうこと。

申し訳ないです。


私はblogは閉じない主義なのですが、他の方は割と閉じちゃってるみたいでちょっと残念。読み返して、あんな事もあったなーって感慨に耽るの私は好きなんだけど(笑
引きこもってオンラインでのカードゲームしか出来ない人には縁のない話かもしれませんが、カードゲームにはルールとして明文化されていないけれども、やってはいけない事というのが数点あります。当たり前のことがほとんどなのですが、同時に守れて居ない人もほとんどなのが悲しい現実です。

こんなところで私が主張しても広まるかはわからないのですが、改めて認識するという意味で書きまとめてみましょう。ネタがないだけだろう、とか言わない。

リシャッフルしてはいけない

対戦前、自分がシャッフルした・しないに関わらず、相手に自分のデッキを渡してシャッフルしてもらいます。これは「私は何もデッキに仕込んでいないので、証明するためにシャッフルしてください」という意味を含んでいます。

逆に言うと、相手のシャッフルした自分のデッキを受け取ってから、その並び方を変更してはいけないのです。相手から受け取ってシャッフルするのは、その時点で積み込みなりイカサマをしていると受け取られても文句は言えません。

以前記事にした事がありますが、積み込みからのショットガンシャッフルはランダムになるべく手札が均等になります。これはシャッフルをしていても、立派な積み込みです。この後にシャッフルすれば混ざるのですが、マシンガンシャッフルは容易に巡回できます。同じ枚数を常に均等に掴んでシャッフルすればいいのですから。これはシャッフルしている事になりませんし、「シャッフルしてるからイカサマしていない」と言い張る事は難しいのです。それ故に、最後のシャッフルを相手に委ねる必要があるわけです。

宣言はきちんとする
相手の許可を得る

この2つは違うようで似ているのでひとまとめに。当たり前の話なのですが、私の見てきた限りでも出来ていない人は結構居ます。どんな行動をするにしろ、多くのカードゲームで相手には割り込みをする権利があります。割り込みの出来ない行動はさっさと済ませてしまって構いませんが、それ以外に関しては相手が常に割り込む隙間を与えるのが義務です。

また、小声でぼそぼそと宣言する人も時々見かけます。宣言は相手に伝える事が目的なのですから、小声で言っても意味がありません。きちんと伝わるようにしましょう。大声は迷惑なので程ほどに。高笑いは会場から摘み出されて下さいw

あと逆の視点で、イヤホンやヘッドホンをしながらというのは言語道断です。人の聴覚の宿命ですが、自分の声が聞こえない状態できちんと宣言できていると思うほうが間違いです。相手に対する不快感も大きいので、気をつけましょう。難聴の場合などの補聴器などは、その旨を開始前に予め説明する方がいいと思います。面倒ですがお互いの為です。

筆記用具を用意する

当然ですがフリープレイでは関係ありません。が、大会ではスコアシートを記述するのに必須です。場合によっては、ライフカウンターの使用が禁止された場合にも利用するので持っていて損はないでしょう。ライフ管理の必要がある場合は、白紙も持っておいたほうが安全です。どちらにしても、書くためのものは必須。ボールペン等の消せないものが必要です。

多くの人は守っていますが、それでも割と持っていない人も多いです。その場合は対戦相手に借りる事になるのが一般的だと思うのですが、心情的に嫌な負け方をした相手に貸すのを好ましく思わない人も居る事でしょう。
あけましておめでとうございます。色々あるとは思いますが、というよりも、何もないとは到底思えない私の例年の人生ですが、これからも御愛顧よろしくお願い致します。

…ご挨拶よりも発光式の告知が先になっちゃったけどね。

mixiはそれなりに更新していたのですが、どうもこちらに手が回らずに申し訳ないです。祐憂さんよりも更新が早ければいいと思っていた。今は満足している。
ゆきのやってた恋愛飛行をやってみた。

●総合結果

「いつもベッタリ甘え姫」

いつでもどこでも彼氏とイチャイチャしたいタイプ。周りに「どう?私幸せよ~」と見せるのは構いませんが、少し控えめにお願いします。男にとってはすごくかわいくて魅力があるのですが、女の子からは「ブリッ子だよね?」と思われがちなのでこっそりやるようにしましょう。

●ジャンル別評価

・出会い 「率はイチロー並」
出会いの数で言えば決して多くない。しかし、タイプの異性が自分の前に現れる事が多く、学校や職場での出会いから恋人に発展するのが人より多いのは確実。

・駆け引き「変化球よりド真ん中ストレート」
恋愛において常にまっすぐなあなた。好きになれば周りが全く見れなくなるタイプです。告白しようとしても「断られたらどうしよう・・・」などとネガティブになってしまいます。

・告白「好きです、よりも愛してます」
抑えきれない自分の気持ち・・・告白もつい感情が表に出てしまい、臭いセリフを言ってしまいがちです。「好きです、付き合って下さい」ではなく「愛してます、だから付き合って下さい」あまりにも臭いセリフでドン引きになる異性がいる事も確かですが、情熱的なあなたに惹かれる異性がきっと多いはず。

・生活「気を使いすぎて損しちゃう?」
相手の事に気を使い過ぎて、逆に愛想を尽かされたことはありませんか?優しく接し過ぎると「優しすぎて怖い」と感じられる事もあります。もう少し自分の素の部分を出すと恋人との生活を満喫できるはず。

・別れ際「別れの時期予報士」
別れるタイミングがすごくうまいタイプです。情で付き合う事を嫌い、ズバズバと相手に本音を言う事が出来るので、少々怨みを買う事もありますが、あなたの経験上問題なし。もう少し優しさを持てば言う事なし。

私の結果

色々と耳が痛いですね!

時々、ふっと昔を振り返ってしまう事ってあるんですよね。その行為がとても無駄な事であると判っているのに。前を見ない限り、進めないと判っているのに。つまりは現実逃避。

こんな始まりですが大したことではなく、時々時時代を(時多いな)思い出すという事です。ROが楽しかったというよりも、ROしか知らなかった時期、のが正しいかも。でも良い意味悪い意味で、今を超越するいろんな人間関係が(どろどろとw)渦巻いていた気がします。

が。割と日記やらblogをつけている人が多いのですが、みんな消しちゃうんですよね。まあ私も(容量の関係ってのが現実だったのですが)fenrir時代のは消しちゃってるのであまり強くは言えないのですが、blogを移転しても極力残そうと思っているので、周囲がみんな消しちゃってるのはすごく寂しいです。

当時の人で昔の日記が残ってるのって、くむさんだけ?

私は個人的なブックマークをhtmlで作って、閉鎖した人の部分は打ち消し線(<s>~</s>)で消してるのですが……当時の人の部分がすごい勢いで打ち消し線だらけ(笑)。莉音、ゆぼんぬ、緋夜乃ひとみ、日下部葉、へろきゅん。、ぜろ、らむねす。いろんな人の名前が出てきますね。サボり魔のぱぱの名前なんて出してあげないw

まー眺めてると懐かしいわねー。MoE事件(?)辺りからしか日記つけてなかったようで、それ以前は判んないけどー。


なんだか、他人のblogで自分の事が書かれてると妙に楽しいというか共感というか、なんか書かれてるーと思ってしまいます。大抵は逆襲してますが。私は割と、人のblogでネタにされるのが平気(というか楽しい)タイプなのですが、そうじゃない人も居るので難しいですよね。

まあ、晒されても楽しめるぐらいだから、人様のblogに載せられても何とも思わないわねw

でもロング髪は…あっー。
何とはなしに、チェルさんの所に張ってあったこれを読んでました。もしかしたら有名なものなのかもしれませんが、私はまったく知らなかったので。

正直な話、私はリネージュはまったく知らないどころか、リネージュとリネージュ2って何が違うのかすら判ってないような奴なのですが、そこはまあ雰囲気とかで。


なんだか…読んでて気分が悪くなりました。きっと、悪い意味ではなく、思い当たる節が多いからだと思うのですが。


話は少し変わりますが、昨今の多くのゲームにはメッセンジャ機能があります。個々人の友達登録、のようなものですが。中身はゲームによって違うので一概に言えませんが、傾向として「ゲーム内メッセンジャの機能が優れていれば居るほど、外部コミュニケーションの手段が減る」ような気がします。

ラグナロクオンライン。今は友達登録の仕様が変わっていますが、昔のものは、それはそれはお粗末でした。単なる名簿一覧のようなもので、オンライン状態すら表示されない。それどころか、実態が各クライアントのレジストリに保存されているのでPCが変わると友達登録が違うという有様。当然、相手と自分で共通の情報ではないので、お互いに登録というのは相互が行わないと為されません。

またそれに加え、昔はチャット機能が非常に不十分でした。いや、機能というよりもサーバが。オープンチャット以外はマトモに届かない事が多く、ゲーム内連絡手段だけで済ますには無理があったのです。

そんな経緯もあり、ラグナロクで出会った仲の良い人は大抵MSNメッセンジャでの交流もありました。そうでもしておかないと、本当に連絡が取れないゲーム状態だったんですよね。


マビノギ。こちらも今は変わっていますが、非常に多機能なメッセンジャ機能が備わっていました。マップやチャンネルだけでなく、サーバまで飛び越えての連絡が出来てしまい、また(これは今はなくなりましたが)アカウント単位でのキャラ管理という登録方法は非常に斬新でした。

それが故に、マビノギで出会った人は大抵それで済んでしまっています。わざわざ外部コミュニケーションの手段を用意する必要が、特になかったんですよね。


さて、ラグナロクとマビノギを(結果的に)行ったり来たりしている私。ラグナロクを離れてマビノギに居る間も、ラグナロク時代の人との関わりはそれほど遠くなりませんでした。逆に今、マビノギを離れてラグナロクに居るわけですが、マビノギ時代の多くの人とは連絡を取る事も出来ません。

ゲーム内の自分が消えても、相手が消えても。私は、その向こう側に居る人は、忘れない。
プロフィール
片桐夕菜、17歳。

…とmixiやMSNメッセンジャーに登録しようとしたら、18歳未満の方は御利用になれませんと怒られました。


時折怒涛のように大量の文章を書いたりしますが物語は書きません。一番の物語は人生です。いろんなネットゲームに手を染めてる気がしますが、気に入るとこだわってやり込んだりしてしまうので種類はそれほど多くありません。


晒しスレ住民ですがtripなしでは書き込まない異端児。
連絡先
mixi
 4179210
MSN Messenger
 katyu-na
IRC(yuna_)
 #Cafe-Yukari (wide)
Web Clap
 webclap

@を半角にして下さい。
e-Mailへの返事はしません。mixiでのみ返答致します。
Web拍手で非公開にしたい場合は先頭に[*]を付けていただければblog内での回答は控えます。なおweb拍手はメッセージの切れ目が不明の為、最後にご記名頂くようお願いします。

足跡はこちらへお願いします。
リンクはご自由にどうぞ。連絡いただけると喜ぶ程度です。相互リンクの強制は受け付けません、ごめんなさい。
主要キャラ一覧
RagnarokOnline
 御影恋奈(Tyr)
mabinogi
 佐倉ゆかり(ルエリ)
PangYa
 片桐夕菜
Alteil
 ゆーな
FantasyEarthZero
 片桐夕菜(Briah鯖エルソード)
管理サイト
カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
(12/21)
(12/20)
(12/19)
(12/16)
(10/29)
(10/11)
(10/08)
(09/07)
(08/11)
(06/29)
最新トラックバック
ブログ内検索
RSS配信
「ゆなりずむ」の更新情報をメールで受け取ることができます。メールアドレスを入力してください


Powered by ブログメール
プライバシーポリシー

Powered by 忍.jp Design by あるふぁ
Copyright (c) 2006 ゆなりずむ Some Rights Reserved.
http://yunary.blog.shinobi.jp/miscellany%20-%20%E9%9B%91%E8%A8%98/?pageNo=5
忍者ブログ[PR]