忍者ブログ

Close your love ... You loved me with your lie and vice. I can't erase my memory.

2020.02┃ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
HOME前項現在のページ次項
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本当に伝えたい人には、すべて伝えました。

本当、みんな大好きだよ。この馬鹿正直者どもめ。



久しぶりだったけれど、ありがとう。
PR
チャプター2で実装されたイリア大陸。あまりに広くて、今日も何処かで迷子になってます。


何処にあるかわかんねー、というのが何をするに当たっても思う事でしょうか。広すぎます。馬ないと移動にすら手間取る始末。むしろ広すぎて…というか境界線がない平地なので、マップの読み込みが途中で発生してすごく重く感じます。見えない壁があるみたいな感じ?

先日はリハリビ感覚で久しぶりに色々連れて行ってもらいました。まずメイズ通常。聞くところによると現状の通常ダンジョンでは最難関に近いそうですが…その通り、割と死んだ気がします。べっこりと。単純に攻撃力高いだけならデッドリーでの復帰というのがあるんですが、3打だったりするともう目も当てられません。しかも硬いしHP高いし、一旦消えるとHP回復して戻ってくるという面倒な能力も持ってるし…もうね…。

その後は何となくアルビ中級行きたいという旦那の意見から、まずフィアード通常へ。ここでアルビ中級2人用を手に入れて、その足でアルビ中級2人用へ。問題なく進んで、部屋ごとに死んでた頃の自分を思いだしてみたり。変わったなあ。

最後に4人用が出たので、ちぇるお姉さまを叩き起こして(苦笑)3人で。なんだか青くまーの攻撃力上がってる気がしたんだけれど、ひょっとすると日曜日だったので単純にクリ率上がってるのが原因だったかもしれない。他の日に要検証ですね。

結局3人でも割とすんなり進めました。お疲れ様。



イリアから大陸移動で戻って、フィアードへ行く途中の1コマ。



念願の2人乗りです。わーい。


イリア実装で、少し考えが変わっている部分があります。その辺も含めた考察は、また後ほどゆっくりとする事にしましょう。
久しぶりにこの人たちと回りました。


私の目標であり、崇拝(!?)する人でもあるゆきねと、この世界に導いた師匠でもある七海との3人で久しぶりに回ってました。もはや、ランダムコースにするとWizWizになるのはお約束ですね。

この2人と回ると色々勉強になります。さり気なく、私が一番飛距離短いので必死です(笑)


とりあえず、ゆきねの飛距離だけ写しておきますねっ



1Wでパワーなし状態です。


この後、夢見から誘われて、ちょうど一緒に話していたちぇるお姉さまを拉致して3人で。が、途中で夢見が強制退場。ちぇるさんと危ない会話(?!)をしながら回ってると、そのちぇるさんも落ちる羽目に。結局1人取り残されて排出されました...
Saga3用のデッキ構築、頭の中には浮かんでるけれど明確なイメージになりません。


個人的に、ものすごく"白"なのです。というか、青がステラ以外に実用に耐えると思えません。むしろ、白に面白いカードがいくつか散らばっているように思うのです。

そのキーは意外なところですが、"斎木美奈"だったりします。対象のコスト分支払う事で、パーマネントおよびプロジェクトをデッキへ戻すというエフェクトを持つカウンター能力を持つ2段ブレイク。1段目でも持ってるので十分ですけど。

が、この「コスト分」というのが非常に厄介な気がします。つまりは0コストのものは0コスト支払う(=宣言するだけ)で効果を発揮できるのです。0コストのものを戻すのにコストを支払う必要がないのです。


これは一見するとカウンターにしか使えないように思えますが、アクエリアンエイジの場の構成をきちんと理解すればそれが大きな間違いであるという事に気がつくと思います。何故なら、効果を発揮しているカードはすべて「場にある」のです。それらはつまり、美奈のエフェクトの対象に取ることが出来て、タイミングは任意となります。

すなわち、既に効果を発揮している永続型プロジェクトカード等は、使うだけ使ってターン終了前に美奈のエフェクトでデッキの中へ戻す事によって再利用が可能となってしまいます。

これがコストが1でもあるのなら構わないのですが、問題は対象が0コストのプロジェクトカードの場合です。これらは使うだけ使って0コストで山札に戻ります。当然引けば再度利用できます。そして、また戻ります。

すなわち、何度も利用できるだけでなく、カウンターされない限り山札が減る事もなくなります。


今回、この使い方にもっとも適合しているカードがないか探したところ、ありました。"フリップ・スキップ"です。3F0Cのターン中永続プロジェクト。それだけで十分なのですが、色々と付随効果があります。目標にオフェンシブを与える事で、アタックしてもコストが戻る事になり、精神1以下のカードにガードされません。

一見地味なフリップ・スキップでしたが、美奈とのシナジー効果では一気にメインストリートへ躍り出るだけの力を持っています。そしてこのギミックこそが、私が求めていた形でもあります。

また"東海林光"も面白い、というより普通に強くなって帰ってきました。


"東海林光"も"フリップ・スキップ"も、劇的な貫通効果を持っているわけではありません。ましてや白ですので、基本攻撃力は非常に低いです。ならば、その部分を補うだけのものは何かと言うと、手数であり相手への揺さぶりになります。

これを形に出来れば面白い事になりそうなのですが、コントロールの基本となる除去がありません。また、大型への耐性が皆無となります。本来であれば親和性の高い青を組み合わせて除去&カウンターを任せていたのですが、Saga3ではそれがありません。

今ひとつ、面白い事が出来そうな一歩手前で止まってしまいます。
生まれて初めてのこと。そのまんまですね。


御存知の人は知っているでしょうが、私は少し前からIRCで1つチャンネルを開いています。そこで、生まれて初めて他人をKickする事になりました。どういう発言をしていたのか、私がKickする事になった人は良く考えて下さい。どうせここ見てるんでしょうから。

「どうせ、ゆかりんは蹴らないし」とまで言われても私は今までKick権限を使う事はありませんでした。誰に何と言われても、私は自分の判断は間違っていないと思っています。


何も悪い事言った覚えがない、ときっと言うんでしょうね。貴方は昔からそういう人だから。それとも、何も考えられない、考慮できないとでも言うんでしょうか。けれど、私は3日ほど前に貴方にきちんと伝えたはずですよ。

だったら他人との関わりを一切やめて引き篭もってろと。


本当に幻滅しました。いや幻なんて抱いてないけどさ。




人に浮かれてるとか言う暇あるんだったら、自分のその浮かれきってる根性叩きなおしてきたら?

慶応行ってる事をまるでステータスのように触れ回る姿とか、滑稽すぎて見てらんない。学歴にしがみつく姿が今から見えてくるようで、何だか薄ら寒いです。



関係ないけど、"1人の人を想い続ける"と言えば今の姿が綺麗に聴こえるけど、視点変えれば"ストーカー予備軍"だよね。この事に気付く人なんて殆ど居ないし、当の本人は誰でも必ず否定するんだけどさ。


あーやれやれ。くっだらねえ…。
考察というほどのことでもないけれど、今まで色々と無料系のblogシステムを触ってきた感想とか。これから作られる方の参考になればと思います。


はてなダイアリー

初めて触ったblogだったりします。非常に使いやすいので当初は気にいってたのですが、徐々に不満点が出てくるようになりました。基本的に無料でありながら、画像領域の拡大やアクセス解析等がすべて有料なので意外と無料では過ごせません。またJavaScriptを含むものは一切利用できません。

またコメント機能が非常に貧弱でした。1つの記事に10以上のコメントがつくと非常に読みづらくなるので、そのようなblogを書く場合にはあまりお勧めできません。

ただ用語の辞書機能は非常に強力でした。この機能の為にしばらく移行を戸惑った事もあります。


fc2

現状の無料blogの中では非常に使いやすい部類だと思います。認証の保持時間が非常に短いのがやや難点かもしれません。その為、基本的にエディタ等で記述して流し込むという形になると思います。

画像領域も広く、プラグイン形式で様々なことが可能になっています。ユーザーが多く自作のプラグインやテンプレートも多いので、凝れば凝るほど他人と同じblogにはならないでしょう。

そのユーザー数から、最近はSPAMの標的にされることが非常に多いです。


livedoor

何だか直感的に使えませんでした。細かいところですが、記述者がユーザーIDとして記述されてしまうのも何だか違和感を感じます。デザイン変更の度にblogの再構築が必要になるので、頻繁にデザインを変更する人にはあまり向かないかもしれません。


忍者システム

どう見てもfc2です。本当にありがとうございました。

…と言いたくなるぐらい、管理画面の使い勝手が似ています。ただプラグインの移動や、テンプレートの編集が非常に視覚的になっていて判りやすいです。プラグインの順番を変更するのに、ドラッグで移動させるだけというのはチョット感動。

最近出来たblogでもあるので、テンプレートの数はそれほど多くないのが難点かもしれません。これからに期待。

蛇足ですが、ここのアクセス解析は超高機能と言っても過言じゃありません。



私が使った事あるのはこの4つです。後、他の人のを見に行く際に目にするのがjugemやアメーバでしょうか。一時意jugemは非常に多く、私も最初は此処を考えていたのですが非常に重いのが気になって見送っていました。事実、当時jugemを利用していた人が今はほぼ全員fc2に移行しています(苦笑)

アメーバは…まあ1人しか知らないんですが、どうもメンテナンスが多いような気がします。しかも長い。
それさえも、おそらくは平穏な日々

京都の御大ことPro.Tさんのblog。なんだか非常に似通った思想から作り出されるデッキは、60枚中59枚が同一という過去最高記録を記録しました。対戦してても手の内お互い読まれてます。うわーん。

How to Reason

愛すべき旦那様、七海さんのblog。今現在、一番お世話になってます。イロイロあるけど今後もよろしくーと。リサイクルバトン、続きは…っ!?
微妙に体調不良です。

こんな時、ギルドチャットにそんな感じで吐き出すのは私の悪いところ。ごめんなさい。

で、実際ログインしても何もしてませんでした。一旦落ちた後、Yukaringの聖堂バイトが117回と微妙に危険な数字だったので1回だけバイトしたような気がします。

これで思ったのですが、もう何だかメインキャラでバイトもこなすようにした方がいいのかなとか思ってきました。ぶっちゃけ面倒なんです。今頃になって、もうあの世に長期滞在するとは私は思えませんし、仮にするとしても複数キャラでクリステルの前にりんご持って居座れば解決するような気もするんですよね。

しかし今から聖堂上級目指すのも面倒だなーというのもあったりするのは事実です。


どーしましょう??



ところで探検レベルなのですが、どうにも上がりづらいです。みんなどうやって上げてるんでしょうか。見たところ強めの敵をスケッチするだけでも上がる気がするんですが、体感的に獲得経験値の1/10が探検経験値になってる気がします。つまり1500の敵で150ぐらい……これじゃ上がりませんね。

今私がよくやってるのが、蛇の遺跡発見だったりします。これ面倒といえば面倒なんですが、遺跡の場所は大抵同じ場所にあるので何度も繰り返すことで結構稼げるなー、とか。マナトンネルが動いていればすぐ往復出来る場所なのも見逃せません。帰る途中にマナトンネルが閉じちゃうと、泣きながら帰る羽目になりますが。これで探検経験値250ぐらいだったかな…。

頑張っても私には、探検レベル15ぐらいが限界な気がします。


で、これ…探検レベルが上がると、通常のレベルアップと同様の処理になってるんですね。AP増えるだけでなく、きちんとステータスも上がってます。つまりレベル30の探検レベル11だと、今までのレベル40と同じステータスになってるみたいですね。

まあ何度も転生重ねると、探検面倒だからとしなくなるか、あるいは10程度で止める事になるかもしれませんけど。こればかりは判りませんね…。

今はもう少し頑張ってみます。


ところで最近、すごく淋しいです。なんだかみんなch2だかch7だか違う場所にいるし、返事も返ってこないし…。私もうギルメン以外は全員ブロックしてるし、なんだかしょんぼり座ってました。

"人の悪口は聞きたくない"というのはすごく正しい事だと思うのですが、"悪口を言いたくならざるを得ない"状況になっている事も理解して欲しいのです…。

まだ、我慢してますが…いつ堰が切れるか自分でもわかりません。
わがままは男の罪

それを許せないのが女の罪



唐突に何を書いてるのか私にも良く判りませんが、上記は題名の歌から。チューリップの非常に有名な歌なので、知らない人は(夢見以外には)まず居ないと思います。

まあ、全然本文とは関係ないんですけどね。


さて、マビノギ。復帰して4日…になるのかな。誤解されるのを覚悟でほとんどギルチャやIRCでは話したのですが、"非常に居場所がない"気がします。


私の嫌いな人(これ皆誤解してるけど、実際には"私を嫌いな人"だよね?)と一緒に居るから遊べない、でも戻ってきて欲しい。これって、一言で言うと……拷問? 今でも、ch2やch7に居るのを見ると溜息とやるせなさが溢れます。

"私が居ないから外部の友達と一緒に居る"という事。この時点で私にはイロイロと納得できない部分はあるんですよ…。Tributeは、決して全員結束するというようなタイプではないと思っていますが、同時に私を中心とした星型人間関係だったとも思ってはいないのです。各自それぞれ付き合いがあったと思います。それなのに、"私が居なくなったから"各々の関係がなくなって外に走るというのが、私には理解できません。理由を無理矢理"私"にこじつけてるようにしか思えないのです…。

外に走るのが悪い事だとは思ってません。ただ、そこで"私"を引き合いに出されるのが理由として非常に納得いかない部分であるという事を主張したいだけです。原因の一因であるのは否定しませんが、私の不在が決定打になるほどの存在なんですか、私って?


私にはそういう感覚はまったくないと言うのは以前に話したとおりなのですが、世間では「Tribute=ゆかりのギルド」という認識が大きいようです。世間というより、メンバー各位の中にも。確かに実際創始者の1人でありずっとマスターとして存在していたので、必ずしも間違いではないのですが。ただ……「"私"を嫌いな人と、("私"のギルドである)Tributeの看板背負って付き合い続けてる気持ちを判れ」と言われても、それは私には納得できないし、多分理解は出来ないと思うんです……。


この数日、いろんな事に渡っていろんな話をしました。でも、共通して言えるのは、"私の気持ちなんて何も汲み取ってはくれていない"という事ではないでしょうか。私が2週間ほど姿を消したのは紛れもない事実ですが、何も考えず悠々と過ごしていたとしか思われていない、またそのように思っているとしか思えない前提条件で話をされるのが非常に辛いです…。

2週間ほど姿を消して、その間迷惑を掛けたこと。これは本当に申し訳ないと思っています。それとも今の状態が"その間の責任を取れ"という意思表示なのでしょうか…?




口が災いの元な私は、居ない方がいいんですか…?
Saga3のデッキ構築をぼちぼちと…。


そのSaga3なんですが、いくつかの特徴というのが見受けられます。その中の1つに、現状では有効な単体除去がないという部分が挙げられるでしょう。単体除去よりも全体除去のが豊富な環境というのも首を捻りたくなるのですが(苦笑)

そんな思いで、こんなデッキを作ってみました。

白黄強襲型コントロール "Flipblade"

4 女車掌
4 サイボーグ警備員
4 ホムンクルスメイド
4 超能力小学生
4 超常アイドル
4 フロイライン
4 ブルームプリンセス
4 クリスタルウィッチ
4 アンプリファイド・エスパー
4 超能力少女
4 インスレイター"斎木美奈"
3 ライトニング・ディーヴァ"東海林光"
4 フリップ・スキップ
3 サンダーストーム
4 ソニックブレード
2 次元渦動

キャラクタ32枚/総数60枚


スキャナー♀を中心とする、白黄コントロールデッキです。カードプールの制限から、コントロール色は非常に弱いですが、Saga3ではこの程度が限度でしょう…。4枚づつ投入されたフリップスキップとソニックブレードによって強襲する、非常に多くの貫通手段を持ったデッキです。

基本的に対大型は光が基本です。一部は美奈でも対応できますが…。

・対緑

対御前は光の一騎打ちで問題ありません。魔神転生にだけ注意しましょう。もっとも、注意してもどうなるものでもないので、難しいところですが。

ワーウルフなあの人には勝てません。ヴァンパイアは諦めましょう。

・対黒

4枚のレジストイレイザーと豊富な(!?)カウンターが勝負となります。生イニシアチブを止めることが出来ないので、光が非常に有効です。余裕があればエフェクトを使っていけばガード宣言すら不可能になります。

実はクラウディアには勝てません。抜けていく事は可能ですが…。

・対青

多くの場合、サンダーストームが非常によく効きます。2~3ターン目で打ち込める場合は状況を見つつ是非とも狙っていきましょう。消耗を抑え、じっくりと相手との格差をつけて殴り切るのが賢明。中途半端に仕掛けても無駄です。ただやけくそデスルーンにだけは注意。美奈を振るパワー状態で維持する事は、もはや必須です。長引かせると不利になるので、場を整えて一気に攻めるか、徐々に整えながら攻めるかは状況次第。

・対ステラ

一般の青とは別物なので別記。一転してビートダウン戦略が有効になります。2/2でも3/2でも場を崩せるので、がんがんいきましょう。

・対白

同キャラ対戦だけは不毛なので避けましょう。真由美には純粋にデカいので、そのままでは勝てません。攻める際はエフェクト全開に、守る際はソニックブレードを抱え込みましょう。光のスペックは高く、基本的に「自攻撃力>=敵防御力」にさえ持ち込めば勝てます。またイクリプスには要注意です。美奈で打ち消す以外に手段がないので、カウンターブレイクされる覚悟で行きましょう。全体のパワーの方が美奈1人より大切です。

・対黄

光のスペックの高さが光る相手。要所要所をカウンターできれば何の問題もないかと。スイマセン、正直よく判りません。

・対赤

光のエフェクトが光ります。意外とカウンターさせるべき呪文は多いので、巧く使っていきましょう。相手が美晴の場合、美奈&フリップのコンボで空打ちによるカウンター誘発を狙ってみるのも1つの手です。2回引っかかる人は居ないと思いますがw


対勢力別だとこんな感じでしょうか。


●白キャラ

女車掌・サイボーグ警備員

共に白のドローキャラ。別パックが利用できるのならサイボーグ警備員ではなく新米ウェイトレスでも構わないかもしれないけれど、結局ブレイク素体にならないから同じかも。キャラ性能が低く共に素体にならないのだけれど、ドローは命です。

超能力小学生

レジスト黄色とチャージを持ったキャラ。攻撃1のレジストに何も期待できず、むしろアグレッシブを持つ事のデメリットのが高い。率先してブレイクされるであろう存在。

超常アイドル

ブレイク素体ではあるものの、エフェクトによるコストバック機能を持つ。状況を見つつ、可能な限り手札へ呼び込む為に必要な逸材。キャパシティ減少に注意。


●青キャラ

ホムンクルスメイド

青のドローキャラ。アーキテクトでもいいと思う。いやむしろアーキテクトのが。単にガード要員の1つとして精神攻撃を捨てたくなかったので投入されているだけかも。

●黄キャラ

フロイライン
ブルームプリンセス

共にシールドとチャージを備え持つ1/2/1なキャラ。ブレイク素体であるものの、その生存能力と補給線としての能力は計り知れない。サンダーストームのファクターとしても優秀であり、対ィアーリス戦では光へのブレイク素体として必須になる。

クリスタルウィッチ

インターセプトでありチャージ持ちな、典型的放置キャラ。ブレイク素体でもあるけれど、1体は支配しておきたいキャラ。


●ブレイク

アンプリファイド・エスパー

白のスキャナー持ち0コストチャージブレイク。白キャラは割と少な目の構成なので、主にこれで黄色から色変換を行う事になる気がするー。むしろこれ引けないとファクター足りないって事にもなるかも。何度か動かしてみて要調整だと思います。

超能力少女

黄色のレジスト黒持ちなチャージブレイク。ホントに4枚も必要なのか非常に疑問なブレイク。何枚か白のブレイクに変わりそう。だけどレジスト黒のアドバンテージは非常に魅力的。3/5/3な黒ブレイクを完封できる存在は脅威。

インスレイター"斎木美奈"

フリップスキップによる美奈リサイクルの中核。単純に対パーマネント&プロジェクトとしての役目も果たす。どんな状況で場に居ても常に睨みを利かせることの出来るキャラ。さり気なく精神攻撃を持っているのも重要。

ライトニング・ディーヴァ"東海林光"

真由美と共に白のエースに上り詰めた東海林光。サイズで圧倒する真由美に対し、問答無用のサイズ変化エフェクトで対抗。もっとも攻撃4点のイニシアチブはそれだけでも十分強力。エフェクトはコストの割には見た目ほど効果がないので、高い精神力による攻撃回数を生かして攻めきりたい。


●ユーティリティ

次元渦動

対黒専用カウンター。すべてを美奈で止めるのは不可能であり、また頻度が高くなると予想されるので忍び込ませることに。今の黒は、そこまでする価値が十分ある。

サンダーストーム

弱まったとはいえ、今でも十分強力。

フリップ・スキップ

このデッキの名前にも付けられている貫通呪文。精神1以下のキャラにガードされなくなるという事は、即ち精神力2以上のキャラでないとガード不能という事になる。また、オフェンシブによるACB付与もあり、イニシアチブを持つ光との親和性は非常に高い。使った後は美奈によりデッキへ戻す事が可能。

ソニックブレード

言わずと知れた貫通呪文。ブレイクスルー付与による不意打ちが可能であり、また攻撃力増加というオマケ付き。フリップスキップと異なり再利用はできないけれど、ファストカードという部分がすべてを凌駕した利点となる。コストの安さも魅力。



構想は出来ました。
問題は現物のカードを実際に抜き出す体力がない事ですかね(死)
プロフィール
片桐夕菜、17歳。

…とmixiやMSNメッセンジャーに登録しようとしたら、18歳未満の方は御利用になれませんと怒られました。


時折怒涛のように大量の文章を書いたりしますが物語は書きません。一番の物語は人生です。いろんなネットゲームに手を染めてる気がしますが、気に入るとこだわってやり込んだりしてしまうので種類はそれほど多くありません。


晒しスレ住民ですがtripなしでは書き込まない異端児。
連絡先
mixi
 4179210
MSN Messenger
 katyu-na
IRC(yuna_)
 #Cafe-Yukari (wide)
Web Clap
 webclap

@を半角にして下さい。
e-Mailへの返事はしません。mixiでのみ返答致します。
Web拍手で非公開にしたい場合は先頭に[*]を付けていただければblog内での回答は控えます。なおweb拍手はメッセージの切れ目が不明の為、最後にご記名頂くようお願いします。

足跡はこちらへお願いします。
リンクはご自由にどうぞ。連絡いただけると喜ぶ程度です。相互リンクの強制は受け付けません、ごめんなさい。
主要キャラ一覧
RagnarokOnline
 御影恋奈(Tyr)
mabinogi
 佐倉ゆかり(ルエリ)
PangYa
 片桐夕菜
Alteil
 ゆーな
FantasyEarthZero
 片桐夕菜(Briah鯖エルソード)
管理サイト
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新コメント
(12/21)
(12/20)
(12/19)
(12/16)
(10/29)
(10/11)
(10/08)
(09/07)
(08/11)
(06/29)
最新トラックバック
ブログ内検索
RSS配信
「ゆなりずむ」の更新情報をメールで受け取ることができます。メールアドレスを入力してください


Powered by ブログメール
プライバシーポリシー

Powered by 忍.jp Design by あるふぁ
Copyright (c) 2006 ゆなりずむ Some Rights Reserved.
http://yunary.blog.shinobi.jp/Page/3/
忍者ブログ[PR]